クラニオはあやしい?


FullSizeRender-8.jpg


自分にとっては少し刺激的なタイトルの日記ですが。。

はっとした気づきがあったので、ここに記しておきます。


久しぶりに大学病院に勤めていたときの元同期と3人で会ったときのこと。

同期は臨月に入った妊婦さんと、2人のお子さんがいるお母さん。


久しぶりの再会で、お互いの近況などを報告し合い、ふと同期から私に質問。

「ところで今何やってるのー?なんかあやしい感じのことしてない?」

と、冗談めいて聞かれました。

「おお!あやしいときたか。そうだよね、やっぱわからないから、そう思っちゃうよね。。」

と、力なく答えました。


私は幸か不幸か?今周りにいる知り合いは、すぐに良さをわかってくれる人ばかり。

クラニオをどう人にすすめたら良いかわからないと言う悩みは、施術者の中では割とよく聞く話ですが

私はそれに悩んだことがありませんでした。

そしてブログでもそうですが、今まであまりわかりやすく説明しようとしたこともなかった。



でもここで終わるのももったいないなぁと思い、

「じゃあ試しに少し(クラニオ)をさせて!」と、臨月妊婦さんのからだに触れせて貰いました。


。 。 。 。 。

(どきどき)

。 。 。 。 。


「わぁ〜、何かあったかくなってきた!気持ち良い。。」と、同期。

そして

「これ、良いねぇ。けど何て説明したら良いかわからないね」と。



そうなのです、クラニオって仕組みとか説明した所でどんなものって想像も出来ないし、

長い横文字の療法だから、どうしても抵抗が出やすい。

本当に「一度受けて!」としか言いようがない。


同期の2人には短めのお手あてと、お家で出来る簡単なお手あての仕方を伝えると、とても喜んでくれて

「こんなに簡単に気持ち良くなれるんだねー」と。


そう、これがもう一つお伝えしたいことなんですが

クラニオは、力も使わない、(極端に言えば)手を当てるだけで良い。

他の手技療法に比べたら、こんなに楽で道具もいらなくて効果の出るものはないんじゃないかと思うのです。




あったかい手は誰にでも作れるんだよ。

本当に本当のところ、特別なものはいらないんだよ。

必要なのは寄りそう手だけなの。

ってことを伝えたい。



2人とお話していたら、私が考えていることがシンプルに、ぽろっと出て、改めて腑に落ちました。

一人一人に私のセッションを受けていただくことも勿論とても嬉しいけれど

それと同時に、同じようなあたたかな手がこれからも増えると良いなぁと思った日でした。


大切なことに気づかせてくれた同期よ、ありがとう。


スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2015/04/21 08:31
少しずつ
私も最初両親に話したときはそんな反応でしたよ〜。けど、両親の反応は置いといて、自分のやる事を淡々とやっていたら、少しずつ反応も変わって来たような。。気がします。きっとご自身が変化していく姿を、ご両親が見て気づかれていかれることが、言葉で伝えるよりも、何より説得力がある気がします。自分が経験しない事を理解することは難しいので。
  • 2015/04/22 07:07
  • natsumi kagawa
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)