蠍座新月コラム 〜違いの先にあるものを見つめる〜

201711170854122e2.jpg
湖に 浮かぶ

一人 ひとりの 心

水に 触れ

世界を 想う


月は11月18日20:42に蠍座で新月を迎えます。
今回の新月は愛の象徴である金星と、拡大の象徴である木星と共にある新月。
射手座に入る直前の月ですので、心の繋がりの先にある
『わたし』の自立の精神が問われる時間でもあります。

蠍座のエネルギーは、例えて言うなら『湖』のようなものです。
湖は、水が流れる場所には存在しません。
海とは隔たれていて、そこにとどまる、水のかたまりです。
水は澄んでいる湖もあれば、そうでない場所もあります。

そんな湖のように、私たちは、自分の心の湖に、どんな水を注ぐかを問われています。
美しい、愛に満たされた水を注ぐのか
それとも、澱んだ欠乏の水を注ぐのかー

そして、それぞれの湖は、個々に存在していることを知ります。
『わたし』にとっての湖があるように
『あなた』にとっての湖もあるということを。

この蠍座の時間は、『わたし』が大切にしている価値観を確認しながらも
わたし以外の『あなた』が大切にしていることも、認めていく時間となるでしょう。

そして、お互いの『湖』に触れたとき、新たな世界とのバランスを取ることを知るのです。

深く、深く感じてみましょう。
もうすぐ、浮上する時期が近づいてきています。


Self care point

*『こういうものである』と思っていたことに
 異なる視点が芽生えることがあるかもしれません。
 今まで体験したことがなかった流れを拒否するのではなく
 受け取ってみることで新たな発見があるでしょう。

*自分が心に抱えている気持ちは、表明しましょう。
 あなたの心を明らかにすることで、新たな交流が生まれるかもしれません。

*自分が良いと思ったことは、素直に伝えましょう。
 相手に合わせて、自分の意見を変えることは、良い結果を生みません。


Body care point

蠍座は『生殖器』『膀胱』を司ります。
この部位は第2チャクラに関連する部位で、自分の生理的な欲求と関わりが深いです。
ですので、膀胱炎や、女性だと子宮に関するトラブルがある方は
自分の生理的な欲求を抑えている可能性があります。
まずは、普段から、食や睡眠、性的なことへの欲求を満たしているかを振り返ってみましょう。
自分の体が欲しているものに素直に行動すると、トラブルのケアに繋がります。

腰と同様に、冷えの影響が直接出る場所でもあるので
腰湯を行ったり、下着を天然素材のものにするのもオススメです。
冷えが気になる方は、色にも注目。
赤やオレンジなどの温かみのある色は、温める作用があります。


Best choice of aroma

サイプレス:変容を受容する香り。
      香りと一緒に深く呼吸をすることで、必要のないものを手放します。

パイン:わたしとあなたの境界線をはっきりさせる香り。
    相手の責任まで追う必要はなく、自己を確立します。


*

自分についてもっと知りたい方、星に興味を持たれた方は、個人セッションもおすすめです!

11月のセッション日程 こちら 残席わずか
*12月のセッション日程は本日中にアップ致します。


6月よりスタートしたアロマ占星術セッション。
大変ご好評頂いております。

詳細はこちら
五感から本来の自分にアプローチするーアロマ占星術リーディングのご案内

* +

クラニオセイクラル & アロマ占星術
てあてや cokiu

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)