牡牛座満月コラム 〜欲しいものに素直になる〜

20171102072621fb9.jpg
わたしが望む世界

それは 目の前の世界そのもの

触れる 感じる

わたしを 満たしてくれるもの



月は11月4日14:23に牡牛座で満月を迎えます。
向かいにあるのは、木星とほぼ隣り合わせに位置する、蠍座の太陽です。

牡牛座と蠍座には『価値』『欲求』に関する共通するテーマがあります。

前回の天秤座の新月は、自分がどんな世界に生きたいかを創造していく時間でした。

今回の満月では、私たちに、『本当に望む豊かさ』について問いています。
心身ともに満たされた状態で生きるためには
牡牛座に象徴される『物質面』、そして蠍座に象徴される『精神面』の
両方が満たされている必要があり、バランスが大切であることを教えてくれています。

私たちが豊かであるためには、自分が望む物質的な豊かさを満たしている必要があります。
それは、私たちが五感を通じて、感情を作り出し、精神を作る生き物だからです。

今回は『五感』を強化してくれる牡牛座のエネルギーを使って
改めて、自分の望む生活・環境などを見直してみましょう。

あなたの欲する,、物質的な豊かさとはどんなものでしょうか?
今の生活に対して、満足しているところ、そうでないところーを感じてみます。

もっと自分の欲求に従って良いのです。
もっと自分にとっての『贅沢』を求めても良いのです。

私たちがより豊かであるために、それぞれの『望むこと』を尊重し、深めていきましょう。


Self care point

*欲しいと思うものには、素直に欲しいと言いましょう。
 求めることに葛藤があると、入ってきません。
 あなたが素直に欲しいと思っていることは、口に出してみましょう。

*自分が望む生活空間や環境を、実際に見たり、触れられる機会を持ちましょう。
 『買わないから』とか『まだ手に入らないから』ではなく
 もう手に入れている感覚で体験して見ましょう。

*自分の望む世界を手に入れるための、具体的な目標を立ててみましょう。
 

Body care point

牡牛座は『あご』『喉や首全体』を司ります。
首は、大きな血管が通っていることから、冷えやすい部位でもあります。
これからの季節は、乾燥して冷たい空気によって喉を冷やしがち。
マフラーやストールで保護してあげることで、喉と体全体を守ることに繋がります。

喉は第5チャクラのある場所でもあり、『表現』を司る部位でもあります。
言いたいことを我慢していると、喉が痛くなったり、声の出にくい感覚になることがあります。
もし喉を痛めている時は、自分の素直な気持ちを伝えられているだろうか?と
振り返ってみると良いでしょう。


Best choice of aroma

ローズオットー:穏やかで、優しい、けれど力強いエネルギーを与えてくれます。
        自分を満たし、素直な欲求に従いたい時に。

マートル:抗菌作用があるので、喉のケアに。ディフューザーで使うのがおすすめです。
     ありのままの自分を受け入れ、表現することを促してくれます。




11月のセッション、ご予約受付中です。

☆11月のセッション日程 こちら

6月よりスタートしたアロマ占星術セッション。
大変ご好評頂いております。

詳細はこちら
五感から本来の自分にアプローチするーアロマ占星術リーディングのご案内

* +

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)