FC2ブログ

蠍座満月コラム ー心の充足を大切にー



20190519215526ec1.jpeg



5月19日6:11に月は蠍座で満月を迎えました。
令和元年、初めての満月。

月がある蠍座は『深い心の奥底』に
太陽がある牡牛座は『肉体』に関係した星座です。
この2つの星座は、共通して『所有』や『欲求』というテーマがあります。

普段は見えることのない、自分の欲求。
本当はこうしたい、ああしたいという思い。
このような『欲』に対して
私たちはつい見ぬふりをしたり
隠してしまいがちではないでしょうか?

特に”我慢を美徳”とするような文化のある日本では
自分の欲求に素直になることに対して
どうも否定的である傾向も、未だ残っているかと思います。
けれど、欲を否定することは、自分の生きる喜びを削ぐことにもなりかねません。

占星術において、蠍座は自分が変容するほどの
深い心の充足を味わうことを象徴しています。
それらをやりきった末に、その次の星座である射手座で
広い視野を持ち、好奇心を羽ばたかせることに繋げていくのです。

つまり、自分の欲を知り、満たしていくほど
そこに執着することなく身軽になり
次に進めることを示唆しているのです。
自分の欲求から目を逸らし続けていると、こじれてしまう。

ですので、もしあなたがこの満月のタイミングで
自分の『欲求』に関して、何か正直な気持ちと対峙したことがあったなら
それらを抑え込むことなく、素直になっていただきたいのです。

今回の満月は、『心身のケア』に関わる場所で起こります。
自分のむき出しになった、心の底から感じる欲求をすくいとり
満たしていくことを進んで行うことで、癒され
あなたの中で分離されていたことが統合されていくでしょう。


Self care point

あなたにとって快適な、心と体のバランスを見直してみましょう。
気がかりなこと、本当はこうしたい!という思いが出てくることは
思いきって変えてみても良いかもしれません。

自分にとって心身が満たされ、安心できる環境を模索しましょう。
『これくらい』とあきらめず、『もっと!』という気持ちを大切に。
 

Body care point

蠍座は生殖器と関連があると言われています。
この部位は、私たちの命を繋ぐ場所であることはもちろん
性の機能を保つために必要なホルモンの分泌をする場所でもあります。

蠍座は、”隠された秘密の事柄”の象徴でもありますが
生殖器という場所も、人によってはどこか隠しておきたい
自分の体であってもなかなか目を向けにくい場所かもしれません。

しかし生殖器は、私たちの『欲』とも、大いに関わりがある場所です。
本当はケアをするほど、自分の根源的な充足感につながるでしょう。
特に生殖器周辺のトラブルがある方は
自分の欲求に素直であるかどうかを見直してみましょう。


Best choice of aroma

イランイラン ylang ylang
あたたかい気候で育つ、この花の香りは
心のブロックを取り除き、快楽を受け入れる余裕をもたらしてくれます。
就寝前の芳香浴なども良いでしょう。

カルダモン cardamon
中近東では『楽園の穀物』と呼ばれるスパイスの香り。
刺激を与え、自分の内なる欲求は何だったかを思い出すのを手助けしてくれます。
消化力が低下している時に、スパイスとして摂取しても良いでしょう。
 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【 お知らせ 】


●セッションをご希望のお客様へ●

2019年3月末をもちまして、祐天寺のおうちサロンはクローズしました。
長らくのご愛顧ありがとうございました。
4月より、産休に入っております。

復帰のめどがつきましたら、LINE@やブログでお知らせさせて頂きます。

引き続き、月のコラムのアップや日常のことは綴っていきますので
ご縁のある方は、引き続きよろしくお願いいたします。

LINE@の登録は
友だち追加
からお願いいたします。



アロマ占星術 & クラニオセイクラル
てあてや cokiu

牡牛座新月コラム ー自分の感覚に素直になることー



20190505002935e74.jpeg



月は5月5日7:45に牡牛座で新月を迎えます。

新しい年号に変わり、初めて迎える新月。
私たち日本人にとっては、どこか『新しい時代の始まり』を感じる方も多いことでしょう。

占星術上では、天王星が牡牛座に完全に移動して初めての牡牛座の季節。
天王星の影響を受けて、この時期の牡牛座の時間が、より特別なものとなっています。

この天体は7年間同じ星座に滞在するので、牡牛座にまつわる分野ー
『自分にとっての快適さ、感覚』に対し『変容』を促されることになります。

ここでいう『変容』は、何か特別なことを求められるのではなく
今まで増えすぎていたものをそぎ落としたり
そもそもの、自分にとっての普遍性を追求することを意味します。

きっと、これまで以上に、自分の『感覚』で感じることを中心に
素直に生きることが求められる時代になってくるのでしょう。

牡牛座は五感を通して、自分にとっての心地よさを追求する星座です。
感覚というのは、誰一人同じように感じることができない、とても個人的なものです。

現代はインターネットを調べれば、情報はたくさん得られますし
他者のフィルターを通して『良い・悪い』と言われているものにあふれています。
しかし、本当にそれは自分にとっての心地よさなのか?を見直すことを、問いかけています。

実際に手を動かす、足を運ぶ、体験してみる・・
感覚に集中すると、それは一種の、心地よさの渦のようなものが出来上がります。
同じような行為の繰り返しの中にも、微妙な変化があることがわかり
その中に埋没することで、あなただけの『心地よさ』を取り出していくのです。

一人一人が、まず自分にとっての心地よさを知ること。
そして、それを他者にも分け与えることができたなら。

きっとそこには、心地よさをベースにした世界が広がっていくー
そんな可能性を感じさせる、牡牛座の新月です。



Self care point

誰かの情報ではなく、自分が体感したことを元に判断しましょう。
自分の体の感覚で感じたことを意識の中心に置いてみること。

自分の心地よさを得るために、妥協しないこと。そして、罪悪感を持たないこと。
遠慮することは、自分の本来の感覚が鈍くなってしまう恐れがあります。
時々でも良いので、自分の感覚に素直に行動してみましょう。



Body care point

牡牛座は喉や顎が関連する部位と言われています。
ちょうど食べ物を咀嚼する場所であり
味覚が伝わるセンサーがある部位です。

食べることそのものに関わりがある場所。
とても牡牛座らしいイメージですね。

現代は不食の人が現れたり、栄養摂取の方法も様々に提案される中で
今後、『食べる』ことそのものに対する価値観も分かれてくるのかもしれませんが
やはり、食べることは生きることの基本、と個人的には感じます。

『美味しい』と心から実感することは、私たちの生活を豊かにし
世界を知る入り口になるものだと思うのです。

今日は、目の前の食べ物を、しっかり味わってみましょう。
ただただ、食べ物をじっくり咀嚼し、味わうことに集中してみる。

『食べる』に集中することは、身体的にもリラックスのスイッチを入れてくれる行為です。
『食べる』に目を向けると、自分の体の内側に、自然と目が向きます。

今回の牡牛座新月のテーマでもある、自らの感覚に素直になるきっかけとして
ぜひ、取り入れてみてくださいね。


Best choice of aroma

ローズ rose
変わりやすい気持ちの波に寄り添ってくれる香り。
心を高揚させ、前向きにさせてくれます。
安心感や明るさが欲しいときに。


マートル myrtle
さわやかさと甘さを含んだ香り。
呼吸器系に働きかけ、気分をスッキリさせてくれます。
考えが滞ってしまう時、気分転換をしたいときに。


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

【 お知らせ 】


●セッションをご希望のお客様へ●

2019年3月末をもちまして、祐天寺のおうちサロンはクローズしました。
長らくのご愛顧ありがとうございました。
4月より、産休に入っております。

復帰のめどがつきましたら、LINE@やブログでお知らせさせて頂きます。

引き続き、月のコラムのアップや日常のことは綴っていきますので
ご縁のある方は、引き続きよろしくお願いいたします。

LINE@の登録は
友だち追加
からお願いいたします。



アロマ占星術 & クラニオセイクラル
てあてや cokiu