お白湯生活


IMG_3326.jpg


朝目覚めの白湯は

私にとってちょっと特別

しゅんしゅんと湯気を立てられて作った白湯は

眠ったからだを内側から

ふわっと起こしてくれる


*      *       *      *

私は白湯をかれこれ4年くらい飲んでいます。
大体朝一回と、作ったものを魔法瓶に入れて持ち歩きます。

私がよく作るアーユルヴェーダ式白湯の作り方を書いておきます。
(ネットなどを調べてもらえればすぐに出てくるのですが)

①やかんに水を入れて火にかける。
②沸騰し始めたら、やかんの蓋を取り、火を少し弱めて10〜15分程度ふつふつ沸騰させ続ける。
 その時に換気扇を回す。
③出来上がった白湯をすすりながら飲む。

この方法で作ると本当に白湯が美味しくなります。
少し一手間ですが、朝起き抜けすぐに火をかけ始め、そのまま身支度してしまえば何の問題もありません。

お水って、ものによってあたためるとのどごしの悪いものもあるのですが
この作り方だとまろやかになり、口に入れた瞬間からだにスッと馴染みます。

からだと一体化する、すぐにエネルギーになる、と言った感じ。(あくまで体感として、ですが)

なんでも世の中に存在する3大元素(風、火、水)の質のバランスが取れた飲み物なんだとか。
確かに作っているのを見てると、水を下から火で煽り、換気扇で風を起こしている。。

ちなみに飲むタイミングは朝、食事中、食間合わせて大体1日700〜800mlとのこと。
飲み過ぎも良くないようです。

本来質の良い、バランスのとれた食べ物とは

こうやってからだに入った瞬間、すうっと吸収されていくのかもしれませんね。


スポンサーサイト

水にながす


FH020001_2.jpg


きもちがぐるぐるするときは

ちょっと切り替えて

どぽんとお風呂に入ってみよう

できれば、お気に入りのバスソルトなどを入れてみて


嫌なことを水に流す、とはよく言うけれど

からだを水に浸すと、嫌なことも水に流れる気がします


さあ、気持ちを切り替えて

ゆっくりお風呂に浸かろう


*       *        *        *


夏の間、お風呂に入らなかったあなたも

是非ゆっくりお風呂に浸かってみましょう。

一般的に39〜40℃のぬるめのお湯は、からだをリラックスさせる効果があると言われています。

逆にからだをシャキっとさせたいときはそれよりも熱めのお風呂に入って。

その時になりたい気分に合わせて、温度を調節してみましょう。


今日から始める『こころとからだの日々コラム』


IMG_3172.jpg


今日は秋の入り口、最初の満月。

残暑があっという間に過ぎ、早くも秋の訪れを感じますね。


さて、前々からやりたかったことの一つを、今日から始めたいと思います。

それはこころとからだの知恵を一日いちにち、お伝えする

こころとからだの日々コラム、です。


私が日々大切にしているあれこれ

食事や生活の仕方に対するちょっとした工夫や知恵など

シェア出来たら良いなと思い、始めることにしました。


できれば1日1コラムを目指しますが、なんせのんびりした私のことですから

どうぞあたたかい目で見守って下さいまし。

えみおわす 旅のバザール 9月@hako gallery

  • Day:2015.08.27 22:18
  • Cat:日記
FullSizeRender-12_20150827215501b99.jpg


てあてや cokiuでもウェアとしてお使いいただいている

えみおわす の展示会が9月に東京で開かれます。

私も売り子さんとしてお手伝いに数日入らせていただきます。

(今のところ予定は11(金)と13(日)です。)


えみおわす の作り出す雰囲気は

ほんとうに 幸せに包まれています。

その空気の中にいれることが

私にとって とても幸せなことです。

お洋服ももちろん素敵なのですが

その場を そこにいる時間を 楽しんでいただきたいです。


是非ぜひ皆様お越し下さいね。


以下、詳細はえみおわすのHPから転載します。

えみおわす

*      *       *       *

えみおわす 旅のバザール

今年の9月もハコギャラリー1階と二階のスペースをつかって、
旅の市場をひらきます。

定番の服と小物、新作のロングジャケット、チャイナボタンワ
ンピース、コットン×ヤクウールのセーター。
インドの手編みニット、旅先で出会った生活道具、手織り布の
測り売りもします。

また、数やサイズ、色の揃わなくなった服やサンプル、訳あり
のものなど、お値打ち価格にて販売いたします。

ぜひお出かけください。
お待ちしております。

「手仕事の旅 上映会」
タイ、インドの布仕事の旅、日本で少しずつ撮った記録を上映
します。
12日(土)18:00- 定員20名
500円(1drinkつき)

Samosa wala Timokeの旅食堂

季節の巡りに沿った旬の野菜をたっぷり使ったごはん、サモサ、
冷たいおやつなど、アジアの風を感じる食堂を開きます。
12日(土)-15日(火)
11日(金)、16日(水)はサモサのみ

食堂は12:00- サモサ販売は11:00-

問い合わせ・ご予約は
emiowasuアットマークemiowasu.comまでお願いします。

2015年9月11日(金)-16日(水)
11:00-19:00 最終日は18:00まで

hakoギャラリー
東京都渋谷区西原3-1-4
tel.03-5453-5321


*       *        *         *


今回の展示会のDMに、私の写っている写真を使っていただきました。

これまたとても光栄で、嬉しいことです。


大好きはまた 大好きをよんで

一つの輪になります ね。

からだの声を聴く、とは? その①


IMG_3165.jpg


『からだの声を聴き、自分らしく生きる』をコンセプトにセッションを行っていますが

からだの声を聴くってどういうこと?と思っている方もいらっしゃると思います。

具体的な所を、少しずつお話できればと思い、この記事を書いています。


からだの声を聴く、というのは

自分のからだの変化を感じ取れる力のことだと考えています。

私はこの力を”からだ感度”と呼んでいます。

(ここでは、わかりやすく”からだ”と書いていますが、

これはからだもこころも全て含んだ意味での”からだ”です)


では、なぜからだの声を聴く必要があるのでしょうか?

それは、からだの声を聴けるほど、自分の変化に敏感になり

調子が悪くなる前の段階で気づくことが出来るからです。


例えば、風邪をひいたとき、あなたはどの段階で

『あれ?いつもと違う』と気づいたでしょう?

1 からだがだるく、熱を測ったら熱があった。節々も痛い。
2 のどの痛み、鼻水、咳が出てきた。
3 いつもよりからだが重い。食欲が落ちてきた。
4 疲れがたまっていると感じる。


症状はほんの一例として出しましたが、下にいくほど、より頻度が高い出来事なのは明らかだと思います。

大体の方には『え、これもからだのサインなの?!』と思うことかもしれません。

3や4なんて当たり前!なんて方いませんか?

もしくは、3や4は気づかないうちにスルーしてしまっている。。なんて方もいるかも?

私はこの1〜4全て、立派なからだの変化=サインだと思っています。

どれも同じくらい大切なからだの訴え。


日々過ごしていると、明らかな病気とまではいかなくても

様々な不調が絶えない方、多いのではないでしょうか。

それは、このからだのサインを拾えていない結果だと思っています。


私は大体の不調は、日常のほんのささいなことの積み重ねで起こると思っています。

ですので、そのささいなサインをいかにキャッチするか

この”からだ感度”を高めることが、日々の不調を和らげ、自分が楽に生きる鍵だと思っています。


からだ感度を上げることは、全然特別なことじゃないし、誰にでもあげることが出来ます。


私自身も最初は全然出来なかったです。

だけど、今ではほんの少しの変化にも気づき、対応出来るようになりました。

もちろん、時と場合によって気づけないこともあります。

けれど、明らかに、自分のからだに対する理解が日に日に深まっているので

少し不調が出てもあわてることなく、過ごすことが出来るようになってきました。


このからだ感度の上げ方をあげることは生きる上での大切な知恵であると思うし、

少しでも多くの方にシェアできると良いなぁと思っています。


(このからだの声を聴くシリーズは、マイペースに続きを書ければ良いなぁ。。と思っています。気長に待っていて下さい)

9月のセッション予定


IMG_3184.jpg


お盆も明け、少しずつ秋の気配が近づいてきましたね。

ほんとうに、季節はあっという間に巡り行くなぁ。

私は涼しくなってきてようやく今までの自分のペースを取り戻せつつあります。

夏はやっぱり良くも悪くもからだが”お祭り”ムードでした。


さてさて、お待たせしました!

9月のセッション予定です。


●●祐天寺 自宅サロンプライベートセッション●●

・セッション日時

2(水) 午後の部 (14時半以降〜17:00)
6(日) 午後の部
7(月) 午前の部
8(火) 午後の部
16(水) 午後の部 (14時半以降〜17:00)
24(木) 午前 午後の部
27(日) 午前 午後の部
28(月) 午前の部
30(水) 午後の部 (14時半以降〜17:00)

午前の部(9〜12時) *最終受付時間は10時半
午後の部(14〜17時)*最終受付時間は15時半

からお選びいただけます。
一つの部につき一組様限定です。


・メニュー/料金

60分/8,000円
クラニオセッションがメインのメニューです。
クラニオのセッションに慣れている方、あまり時間のない方におすすめです。

90分/10,000円
クラニオセッション+ハーブとお塩を使ったフットバス、季節の飲みもの付きです。
セッションも、よりご自身の氣になることを感じながら進めていきます。
よりリラックスされたい方におすすめです。


初めてご予約を取られる方は、より詳しいコースの説明→メニューと料金/予約方法
をご一読下さい。



*最終セッション日から3ヶ月以内に来店された方には継続割引あり。
カップル、お友達同士の来店も可能です(1枠につき2名様まで)。
場所の詳細はご予約決定時にお伝えします。
出張もお受けしております。その際別途交通費等必要となりますので、お問い合わせ下さい。


○ご予約 お問い合わせ○
cokiu0501(あっとまーく)gmail.comまで
件名に「クラニオ 予約」と入れて
①お名前
②ご連絡先の電話番号
③ご希望の日時とコース、セッション開始時間
④初めての方は、何か一言

をお知らせ下さい。

メールのお返事は2〜3日かかることがございます。
予めご了承下さい。
予約が入らない場合は、早めに締め切らせていただく場合もございます。
氣になる所は早めのご相談をおすすめします。
セッション日が時々増えていることもあるので、何度かチェックしていただけるとありがたいです。


●●蔵前 inkyo 出張プチセッション●●

ご好評いただいております、inkyoさんでのプチセッション。
今月は二日のみですが、させていただきます。

・日時
18(金)
26(土)

14:00〜19:00

・時間/料金

約15分/2,000円
その方の状態によってお時間は多少前後します。
後にご予約がなければ、延長も可能です。

基本はご予約不要ですが、in-kyoさんでご予約も可能です。
ご予約希望の方は
river(あっとまーく)in-kyo.netまで
タイトルに「クラニオ 予約」と入れてご希望の時間をお知らせ下さい。


以上です。

夏の疲れが出やすく、また気圧の変化もあり不安定な日が続きます。

どうぞご自愛下さい。

よろしくお願い致します!

1/3の法則


IMG_3176.jpg


とある方が言いました。

「自分がどんな人間であろうと、

 世界の1/3の人は自分を大好きでいてくれて

 1/3は普通

 1/3には嫌われる」


私はずっと人を傷つけるのが怖かった。

これを言ったら、どう思われるだろう。


けど、傷つけるのが怖いんじゃなくて

自分が傷つくのが怖かっただけなんだと。


だから少しずつ自分の”リハビリ”をした。

それは、自分の思いを正直に伝えるリハビリ。

これは一気に出来るものではない。

子どもが歩けるようになるのと同じように

一進一歩すすめるものだと思う。


おかげで今は少しずつだけど

自分とつながった言葉が出るようになった。


嘘をついた状態の自分で

好かれても、嫌われても

どっちもしんどい。


どうせ人に好かれるのであれば

思い切り自分を出した状態で好かれたい。

どうせ人に嫌われるのであれば

思い切り自分をさらけ出した状態で嫌われたい。

今ではそう思う。

(もちろんちょっぴり傷つく自分もいるけれど)


少しずつ すこしずつ

自分を出していく練習。


Amaloさんのコーディアル


IMG_3164.jpg


お盆も明けて、残暑が残ります。

少し涼しくなってきて、夏の疲れも出てくる頃だと思います。


てあてや cokiuでは、お越し下さったお客様に少しでもおくつろぎいただくために

心地良い空間と

季節に合わせた美味しい飲み物をご用意しております。


今回ご紹介するのはamaloさんのコーディアルです。

こちらはプラムとハイビスカスを使ったコーディアルです。

写真ではわからないのですが、お水で割るとハイビスカスの色でしょうか

ショッキングピンクの、鮮やかな色が目に飛び込んできます。


材料はご自身で農家さんに足を運んだり

出来るだけ作り手の見える安心できるものを使っていらっしゃるそうです。

とにかくとても美味しいです。

今の時期、お湯で割るのも良いですが、炭酸もやはり美味しい。


こちらの飲み物をセッション後にお出ししています。

ご希望によって、少量だけ冷たいものをお出しして

白湯も一緒に。。など、組み合わせてお出しすることも可能です。


出来るだけ、その時のお客様のからだの欲求に合わせた対応をさせていただきます。

(コーディアルはなくなり次第終了です。是非ご賞味下さいね〜!)

皆様のお越しをお待ちしております!


○最新セッション情報○

*祐天寺 自宅サロンプライベートセッション
8月枠、まだわずかに空きあります!
9月分は近日中に発表致します。
もうしばらくお待ち下さいませ。

*蔵前 inkyo 出張プチセッション
8月は21(金) 22(土)です。

詳しくは8月のセッション予定をご覧下さい。

がんばりすぎのサイン


IMG_3167.jpg


先日、パートナーに対して怒りました。

事の発端は将来のことを話していたときのこと。


私は計画を立てて、その通りに出来るだけ沿うようにやろうとする。

それに対し、パートナーはおおよそのイメージを立てつつ、あとは流れに任せるタイプ。

もう、私は見てるとハラハライライラするわけです。

『そんなのんびりしてちゃだめだよ!』って。

相手ののんびりしている(ように見える)態度を見ていると腹が立つんですね。

『もっと努力しろよ!』って。笑


はっ!

これ、自分で自分にやっていることじゃないか〜。。

未来に対する焦りと不安から、もっともっと、と形のない何かを探そうとする。

だからのんびりしている(ように見える)彼に腹が立つし、自分の意見を主張してしまう。

焦りと不安から、怒りと嫉妬が同時に起こっている。


その事に気づき、私の感じたことを素直に相手にもフィードバックしました。


今私に不安と焦りがたくさんあること。

だから今やみくもに頑張ってしまうことがあること。

イメージだけでなく、私が理解出来るように具体的に言葉に出して伝えて欲しいこと。

など。


話をしていたら、ああ、私、頑張ってるんだなぁって思って

ぽろぽろ涙がこぼれました。


*         *         *         *         *


私は周りの人に対して自分がどんな感情を抱くかで

がんばりすぎてないかのバロメーターにしています。

大体周りの人に対して激しい感情を抱くのは、自分に何かある証拠なので。


例えば

*目の前の人に対して腹が立つ
ex)『なぜあの人はこうしないんだ!』『私だったらもっとこうするのに!非常識!』

→自分を押さえ込んで、無理をしていませんか?
 こうあるべき!という思い込みにとらわれていませんか?

*目の前の人に嫉妬する
ex)『どうしてあの人だけ』『どうしてあんなこと出来るのか、気が知れない』

→本当は自分もそういう風にしたいのではありませんか?
 単純にうらやましいのではないですか?


誰かに対して感情的になるのは、それは相手を通して自分自身の姿を見ているから。

相手を通して、自分を知る。

ちょっとタイヘンだけど、ありがたいこと。


私はよくおだやかそう、とか言われるのですが

かなり起伏の変化が激しいし

色んな所で怒ったり、それに対して落ち込んだりしてます。笑

まぁそれも含めて全部自分なので

その時は余計なことを考えずに

ただひたすら自分の感情に正直になる(感じる)だけなのですが。


最近がんばりすぎている私は、そろそろ休むことにします。

落ち込んだときは、たくさん寝ます!


*パートナーとのやりとりは、お互いの考え方を知る上で、どうしても必要なものです。
互いの意見を聞き、価値観をすりあわせていく上で、感情が出ることは免れないと思います。
今回は相手とのやりとりの中で見えた、自分の感情にフォーカスを当てた記事にしました。



最後までお読み下さり、ありがとうございます!

変化を受け入れるためのエクササイズ


IMG_2837.jpg


普段私たちが何気なく行っている行動。

それ自体が習慣を作り、その延長線上にあるのが、自分の価値観、生き方に関わってきます。

(これ、誰かの本でも読んだことあるなぁ。。)


だから、普段自分が何気なくしている行動を意識するのって、とても大切だと思っています。

なぜ大切かと言うと、その習慣が『今の自分』に合っているとは限らないからです。


私たちのからだと心、それを取り巻く環境は日々絶え間なく変化をしています。

まさに諸行無常。

私たちは常に変化を余儀なくされる存在で、それにどう反応するかは様々で良いと思いますが

やはり、変化する生き物なのだということは、わかっていた方が

何かあった時にも戸惑いが少ないと思います。


なぜこんなことを言うかというと、自分自身が本当に変化に弱い”びびり”で

新しい環境、変化があるとすぐに馴染めない人間なのです。

それはからだ的なことだけでなく、精神的なことも含めて。

どちらかと言うと、精神的なことの方が多いかも。

それでずいぶんと苦労したのです。


今から2年くらい前、どうしても変化を余儀なくされ、

その時の自分から脱皮したくて

でも昔の思いを手放せず、とても行き詰まったときに

とあるヒーラーさんから教えていただいた方法が良かったので

それを今日はシェアしたいと思います。


とても簡単でメンドイのですが、、

それは、生活の全てを利き手と反対の手で行うこと。

これは何を意味するかと言うと、

脳に『新しい習慣を入れても大丈夫だよ』ということを、からだを通してわかってもらうと言うこと。

そうやって、変化をからだから受け入れてもらう。

ちょっと面白いでしょう?(笑)

私は全てと言わなくても、箸を持つ、化粧をする、歯を磨くの行動を全て左手でやりました。

ちなみに、いつも着けている腕時計を反対の腕に着けたり、カバンを持つ手

階段を昇るときに最初に出す足を変えてもOK。

大切なのは、『ちょっと頑張らないと出来ないこと』をやってみる。


これを3ヶ月くらい続けたかなぁ。。

その効果もあってか、今では昔と比べるとさほど変化が怖くなくなってきた氣がします。

何より自分の言う所の”思考からの脱皮”が出来ましたし。

今でもたまにいつもの習慣をいつもと違うやり方でやるようにして、それを楽しんでいます。


私は思考のパターンを変化させるのに、頭からではなく

こうやって、からだから変化させるのも、無理のないやり方で良いと思っています。


もし変化を余儀なくされて、でも怖い!って方は、ぜひこの方法でなくても

自分の中に新しい習慣を入れてみて下さい。

是非そこに『私はこれで変わるんだぞ!』って言う意気込みを入れながら。

氣がついた時には変化しているかもしれません。



●最新セッション情報●

*祐天寺 自宅サロン プライベートセッション

8月の予約、受付中です!
残席わずかです。
9月の予約は近日中に発表予定です。

*蔵前 inkyo 出張プチセッション

8月は21(金) 22(日)です。

詳しくは8月のセッション予定をご覧下さい。

クラニオ:新しい自分に出会う旅


IMG_2914.jpg


ひさしぶりにクラニオについてのことを。


セッションを終えたあと、よくある出来事。

それは、自分のお気持ちをぽつり ぽつりとお話して下さること。

それはきっと普段なかなか出すことのない

宝物のような言葉。


言葉でなくて、涙やそれに伴う感情で出ることもあります。

クライアントさん自身も、自分で自分の言っていることに驚かれることがしばしばです。


私はこの時間が大好きです。


「話す」ことは「離す」と同じような意味があると思っています。

ある出来事、そこに対する思いを

意外と誰かに話すことなく、飲み込んでしまう事はありませんか。

それが自分で消化できれば一番なのだけど

特に昔傷ついた経験や、封印すると決めた思いはなかなか外に出てきづらい。

そしてそれは時間が経てば経つほど、膨らんで、自分でも得体のしれないものになっていく。


だから話せた、外に出せたってことは特に”溜め込む”タイプの方には大きいことだと思っています。

どんなにつじつまが合っていなくても、何かを表現するのはとても大切です。

それは辛かった思い、楽しい思いと様々ですが

どんな内容であっても、それはあまり関係なく

この場で表現出来たと言うことが大切なのだと思います。


私はクライアントさんが内に大切にしまっていたものを

表に出す瞬間に立ち会えるのが本当に幸せで

愛おしい以外の何者でもない。

そのキラキラした何かに出会えるのも、セッションの醍醐味だと思っています。

みーんな、みんな愛おしい光を持った存在なのだと。


ですので、クラニオで起こる反応

それは身体的なこと。。お腹がなったり、くしゃみや咳が出たり、涙、おならが出たり

気持ち的なこと。。嫌だな、気持ち悪い、好きだな、気持ち良いな などなど

全ての出てくるものひっくるめて

遠慮なく出していただきたいのです。


クラニオは新しい自分に出会える、ある種の旅なのです。

どうぞ、その不思議で心地よい世界を、味わっていただきたいなぁと思います。



●最新セッション情報●

*祐天寺 自宅サロンプライベートセッション

8月のご予約、受付中です!
残席残りわずかとなっております。

9月の予定は近日中に発表予定です。

*蔵前 inkyo 出張プチセッション

8月は21(金) 22(土)です。

詳しくは8月のセッション予定をご覧下さい。

お風呂のたのしみ


IMG_2885.jpg


暑いとついシャワーで済ませがちな、今日この頃。

けど、皮膚の表面は汗とエアコンで冷えていることが多いです。

私の場合、特に二の腕、お腹、膝の裏が冷えている。

エアコンの効いている所にいると、膝裏〜アキレス腱にかけて固くなる感じがよくあります。


できるだけ毎日お風呂に入った方が良いのだろうということはわかるのですが、

ものぐさな私はよくシャワーで済ませてしまいます。


ですが、お風呂のたのしみを作ったことで、最近はより楽しいバスタイムを過ごせています。

その記録をこちらにシェアします。


まずは前から使ってみたかったシャンプーを使い

石けんもエッセンシャルオイルを沢山ふくんだ、さわやかな香りのあるものにしました。

蒸気にのって、香りに満たされる時間は、何とも幸せなものです。


あと最近お気に入りなのが、バスソルト作り。

IMG_2886.jpg


ガラスの器に塩を大さじ山盛り1杯、そこにエッセンシャルオイルを5〜6滴入れて、よく混ぜます。

それを浴槽に入れる、ただそれだけ。

そのときの気分でオイルを選んでささっと作れてしまうので、とっても簡単。

本などを調べると、浴槽1杯分には塩50g(大さじ山盛り3杯分)の分量に、オイル10滴程度と書いてあったのですが

夏は全身浴より半身でゆっくりあたたまりたい気分なので、分量も少なめにしています。

(汗をスムーズに出し、からだを芯からゆっくりあたためたいとなると

半身浴の方が合ってるような氣がします。)


ちなみに、エッセンシャルオイルはむくみを取り、循環を良くしてくれる

ジュニパーとサイプレスの組み合わせがとっても気に入っています*



あと、余談ですが

お風呂は私に取って、からだを洗ったり清潔にする場と言うよりは

一日を疲れを癒して、リラックスする場という方がしっくり来ます。


ちなみに、私は髪の毛は毎日は洗いません。

髪は毎日お湯で流しますが(いわゆる湯シャン)、シャンプーで洗うのは2〜3日に一回です。

そして、からだもタオルなどを使って洗いません。

そのきっかけになったのが、昔大学病院で働いていたときに

ある男性患者さんの入浴介助をしていて、からだを洗おうとしたら

「オレは生まれて一度もからだなんて洗ったことねぇ!(江戸弁)」って洗うのを断られたことがあったのです。

衝撃を受けると共に、その方はとってもきれいな肌をしていて

「なんだ、からだってごしごし洗わなくてもきれいになるもんなんだ。。」と思いました。

元々からだを洗うときに触れるタオルやその他ボディウォッシュの感触が苦手だった私は

自然と何かを使って洗うことはなくなりました。

実際お湯に入れば、自然と必要なところは汚れが落ちるし、わざわざ洗う必要を感じません。



そんなこんなで、出来るだけミニマムにしつつ、自分に合った快適なお風呂時間を作っています。

もう少し涼しくなったら、また入り方も変わってくるのだろうな。



●最新セッション情報●

*祐天寺 自宅サロンプライベートセッション
8月分のご予約、ただいま受付中です!
平日は残席が8/28(金)午前の部のみとなりました。
日曜はまだ空きがございます。
検討中の方はお早めに。

9月分は今月半ばくらいに発表の予定です。

*蔵前 inkyo プチセッション
8月は7(金) 21(金) 22(土)の3日間です。

詳しくは8月のセッション予定をご覧下さい。