何かが生まれるには

  • Day:2015.03.17 22:39
  • Cat:日記

IMG_6746.jpg


3月も折り返し。

寒くも暖かく、景色にも彩りがよみがえってきた。


木蓮が咲く並木を通り

あのこっくりとした白に思わず見惚れてしまう。



私は今5月の自宅サロンオープンに向けて、着々と準備を進めています。

そんな中で感じたことを少し。


自分の場所が欲しい。

そう思って早2年。

小さな形ではあるけれど、やっと実行に移すときが来た。


どうせ作るなら居心地の良い場所を作りたい。

伝えたいことは決まっている。

あとはそれをどう「サロン」と言う場で、目に見える形で表現するか。


今までイメージしていたことを形にする作業。

それは楽しくもあり、かつとてもエネルギーの必要な作業だと実感しました。

今まではずっとからだのことを考えていれば良かったのに

お店のことをいつも頭のどこか片隅で考えている作業は、今までにないこと。


これはずっと私が望んでいた夢だったのに

いざとなるとなかなかこれが上手く行かない。



少し話はそれますが、ある学者さんの本にこんな内容のことが書いてありました。


多くの先住民族の間では、妊娠前の女性には6ヶ月間特別な栄養を与え、栄養状態を強化する。

またそれは場合によっては男性も同様のことをするのだとか。


妊娠、出産はとてもエネルギーの必要な作業です。

お母さんの栄養は赤ちゃんに優先的に与えられるので、お母さんの基礎的な栄養状態が良くないと
貧血や静脈瘤の原因になります。

だから先住民の方は妊娠出来る時期になると、しっかり栄養(食事)を摂る。

来たるべき、妊娠に備えて。


この話を読んで、何かを生み出すには

常にこころのどこかで、その対象に関心を注ぎ

自分のエネルギーを投じていくことが必要なのだ

と言うことを教えてもらいました。

その為には自分の準備も地道にしていることが必要で。


あと

対象に関心を注ぎ続けることで、

それが『生み出す』というよりも

『生まれる』エネルギーになると言うことも感じました。

自分で生み出さなくても、きっと生まれてくるものなのだろうなぁと。



当たり前のことかもしれませんが、これは私がサロンを作るという作業を通して学んだことでした。

今、私はささやかながら"生みの苦しみ"を味わっています。

でも色んなことがクリアになっていく爽快感や気づきを得て

きっと素晴らしいものが生まれると感じています。

スポンサーサイト

風邪養生 その後

  • Day:2015.03.09 23:34
  • Cat:日記

IMG_3660.jpg


自分にわがままに過ごした週末。

おかげさまで風邪はほとんど回復しました*


もうほんとに、1年分の鼻水を出して
1年分のティッシュを使ったんじゃないかってくらいの
この風邪も、終息に向かっています。


野口整体で有名な野口春哉さんの有名な著書
風邪の効用 (ちくま文庫)


風邪は自然の健康法である。
風邪は治すべきものではない、経過するものである
自然な経過を乱しさえしなければ
風邪をひいた後は
あたかも蛇が脱皮するように新鮮な体になる
(amazon ブックデータより引用)


と、書いてあります。

つまり

風邪はからだのお掃除的な役割があって
自然な経過をたどると
からだは風邪が治る頃には
さらにきれいになって元気になる*

と、私は解釈しています。

この本を最初読んだとき
その当時はまだばりばり病院で働いている時だったので
風邪→ウイルス侵入→病原の排除と自己の治癒力の援助→その結果元気になる
って言う公式が当たり前の様にありました。
どちらかと言うと
嫌なことがあったけど、それが過ぎ去って良かったね、と言う感じ。

その当時は
「面白いこと書く人がおるんやなー」
程度に思ってました。



でもこうやってからだのサインに敏感になって
いざ風邪をひいた今回。

うむ、からだの感覚がより繊細になっていることに気づく。
と、言うよりも
こんなに感覚ってひらいてて
色んなことをキャッチして教えてくれていたのだと
思い出させてくれる感じです。


今回の風邪で得たもの。

その1
部屋や食べ物のにおいがいつも以上に感じられるようになった

その2
舌の上で感じる味がいつも以上に強く感じられた


です。


あー世界ってまだこんなにも色んな情報を私に発してくれていたのね!

それは楽しくて、わくわくすること。



今日は満開に咲いている梅の花に
鼻をぴたっとくっつけて
すーっとたくさん息を吸い込みました。


なんて気持ちの良い、春のにおい。




嵐が来て、色んなものを一掃してくれるように

私のからだも一掃された。


さて、またこれからも
からだをていねいに使っていこう。

風邪養生

  • Day:2015.03.07 18:53
  • Cat:日記

IMG_6700.jpg


今週久しぶりに風邪をひき、お仕事をお休みしていました。

大学病院に勤めていた時は風邪はひかず、2年に1回くらいのペースでインフルエンザにかかっていました。

(こうでもしないとからだはお休み出来なかったのだろうなぁ。。予防接種もしていたのですが。)

今は1年に1回のペースでどこかで軽く風邪をひく程度。

大体はこじらせずに「なんだかおかしいぞ?」と思った時点で未然に防げることが多いのですが

今回はあれよあれよと言う間にこじらせてしまいました。



私は体調が崩れた時に、ここぞとばかりに食養生の本をひっぱり出して、色々と試してみます。

(こんな余裕があるのだから、元気なものですね。。)

覚え書きの意味でブログを書いています。



今回主に参考にしたのは
長く健やかに生きる!マクロビオティック食養生大全
からだの自然治癒力をひきだす食事と手当て 新訂版

などなど。。

私はマクロビ実践者ではありませんが

からだが弱った時って色んなものに対して敏感になるから、あんまり市販で売っているものはうけつけないし

薬で助けてもらう程、体力が低下しているわけではないし

じゃあどうしたら良いのさーって時に、私はとっても頼りになるなぁと思っています。

食べ物の性質をよく理解して、どうからだに作用するかがわかるのです。


今回の私の症状は。。
*とにかく鼻水が出る
*咳はほとんど出ない
*熱は38度までいかない微熱程度
*手足が冷える
でした。

これはいわゆる「陰性」の風邪症状で、普通は夏風邪と言われるものなのだとか。


手当法としては(書籍から一部抜粋)
*食事は控えめにして内臓を休めるようにする。食欲のない時は絶食。
*主食は冷たいものをさけて、陽性の味噌を使って内側から温める。
*微熱が続くときは、代謝を促す梅醤番茶、玄米スープや葛湯を飲む。
*鼻水、鼻づまりに対しては葛を。

とのこと。


私はこういう時、大体リンゴが食べたくなるので、リンゴジュースに葛を混ぜたものを食べました。

これがとっても美味しいの。。!

リンゴの酸味と甘みがじんわりからだにしみ込む。。


そして梅醤番茶。

いつもなら梅の酸味が苦手なのですが、これがごくごく飲める。

飲み終わったあとは、みぞおちの辺りがぽーっとあたたかくなって。


そうそう、解熱する時に頭痛がすごかったのですが

これも本で調べたら葛が良いとのことで、

葛湯(湯に塩少しと葛をといたもの)を食べたら、割とすぐ楽になりましたよ。


食べものって、ただ私たちのからだの栄養になるだけでなく

しっかり作用してくれているんですね。

ありがたや。


2日間お休みしたおかげで、ほとんど完治しました。

まだなんとなくお腹がすっきりしない感じもあるけれど

ひとまず良かったです。



明日はていねいに、さんでのイベントもあるし

元気に行けそうです!


食べものさん、ありがとう。

私のからだ、休めって言ってくれてありがとう。

自分がここちよくあることについて


000088.jpg


からだのことをやっていてこんなことを言うのも何ですが

最近になってやっと自分がご機嫌なのか、そうでないのかがわかるようになってきました。


以前はそれもよくわからずに

スピード上げすぎてずっこけたり、からだを痛めたりすることもよくあって。

そうそう、からだはもう疲れた、しんどい〜って言ってるのに

それを無視して何かやり続けたり。

もうね、本当に自分に対してかなり思いやりのない人間でした。


クラニオをしてると、どうしても自分にフォーカスしなければ

なんともならない場面がよく出てくるので

自然と自分を見るようになっていったのですが。。

それはそれは最初の頃は抵抗がありました。


本当の自分を知るって、すごく大切なことだけど

すごく怖かった。

だから否定し続けて 逃げて。

けど、それにも疲れた。。


*     *     *      *      *


そんなことを繰り返してるうちに

ここ最近は自分に対してとても素直になれてきて

からだが何を要求してるのかが(まだうまくやりとり出来ないときもあるけれど)

だいぶわかるようになってきました。

私はそれはそれはわがままで

欲求がものすごいです。

(我慢すると「そうじゃないでしょー!」ってお腹の底から声が聞こえる感じがします。笑)


でもね
それが人間なんだなぁって思うの。

以前はきれいごと並べて、それにさもなっているような自分を見せていた時期もあった。

(今でも状況によってはそうなっているが、幸いにもほとんどの場合、自覚はある)

けど、泣いたり笑ったり
子どもみたいにあーしたい、こーしたいって言って良いんだなぁって。

(仮に状況が許されない場面と思っても、自分だけはきちんとわかってあげる)


自分の欲求に素直に行動出来ると

不思議に周りの人のことも気にならなくなる。

おそらくフォーカスが他人ではなく、自分になるからだろう。


今後も自分がここちよくいられることに、一番目を向けていこうと思っています。

それこそが、周りを癒す一番の方法とわかったから。



明日は不機嫌かもしれない。

笑顔かもしれない。

どちらでも良いけど

私は私に従って生きていく。

3月のセッション日


000089.jpg


旧暦正月を迎えてから

あっという間に春の入り口に立つ。

まだ寒い日は続くけれど

梅は咲くし、桃も花開き

いよいよ私たちのからだも開くとき


からだが開く。。?疑問に思った方もいるかもしれません。

本当に開くのです。

今まで縮こまっていたからだがふわっと開く。

季節の変わり目には体調を崩しやすかったりするのも

からだが季節に対応しようと動きだしているから。


春は特に「肝」の季節と言われ、気持ちのアップダウンが激しくなると言われています。

クラニオは静かな時間の中で、こころのバランスも取りやすくなります。


気になる方は是非ご活用下さい。


3月のセッション日です。

3/13(金) 14:00〜17:00
3/14(土) 15:00-18:00
3/27(金) 10:00〜13:00 / 14:00〜17:00
3/29(日) 10:00〜13:00 / 14:00〜17:00


■セッション料金

30分3000円
60分6000円

出張時、往復の交通費をお願いしています。


■セッション場所

現在、基本的に出張(女性限定、紹介者の方のみ男性も可)のみ
の対応とさせていただいております。
(5月より自宅サロンもオープン予定です。)


■申し込み方法

本文に
①お名前
②施術希望日時
③ご連絡先(電話番号)
④初回の方は施術希望の理由を簡単にお書きいただき

題名に「クラニオセイクラル施術希望」とご記入の上

cokiu0501(あっとまーく)gmail.com
まで。

返信には1日以上かかることもございますので、余裕を持ってご連絡下さい。



3/16(月) hako gallery(代々木上原)でも出張セッションを行っているので、そちらもご利用下さい。

詳細はこちら
http://cokiu.blog.fc2.com/blog-entry-48.html


3/8(日)西荻窪 ていねいに、さんでちょこっとクラニオします。


FH000015.jpg


1月にご一緒させていただいた西荻窪の「食とセラピーていねいに、」さんに
またおじゃまさせていただきます!



今回もおこさまボーイズのご飯と
名前のない珈琲屋さんの珈琲

そして、急遽
hyoutamiさんのギターと歌もいらっしゃることになりました。


なんだかゆるやかな、春の入り口にふさわしい日になりそうです。

私もこんな場でセッションさせてもらえるのがとっても嬉しい。



以下詳細です。




ギターと歌

◎hyoutami

11046391_419846768181069_6195910924774120234_n.jpg


会場 11:00〜
開演 11:30〜12:30

*お代はドネーションです
 ご予約は必要ありませんので、ゆるりといらして下さい。


プロフィール
hyoutami--ひょうたみ--

広島生まれ、ひょうたんをこよなく愛する歌うたい。
9年間の宮古島生活のスピリットを通して、母なる大地、父なる空に感謝し祈り歌う。
現在広島を活動拠点に祈り巡礼ツアー全国で開始中。今ここが愛に愛に満ち満ちあふれますように。


hyotamiさんの声は私たちの奥深くに響きます。
母なる大地を思い出させてくれるような、雄大な存在感。
是非皆さんにも聴いて欲しいです。



ご飯とお茶

◎おこさまボーイズ

FH000017.jpg


しまだまいとちこうゆみことまつざきおりこの3人。
「すこやか」を大切に、食べること暮らすことのイベントやWSを企画しています。


今回のメインメニューは「カレー」、デザートには「パフェ」も予定しているそう。
聞いているだけで食べたくなっちゃいます。




珈琲

◎名前のない珈琲屋さん

01.jpg

フィリピンの先住民族の方たちが森林農法で育てた
無農薬・有機栽培のフェアトレードコーヒー豆を
日本で丁寧に手焙煎し「森と人の珈琲」として
みなさまにお届けしています。

「おいしいこと」はもちろん
「人と地球に配慮した」優しい珈琲を
ハンドドリップで提供するほか、
お家でも楽しめるように焙煎豆もご用意しています。



今回使用する豆は収穫したて、焙煎したてなんだそうです。
どんな味がするか楽しみですね!



からだのこと

◎てあてや cokiu(クラニオセイクラルセラピー)

時間:13:00〜17:00
料金:約10分 500円

*今回は13時からの来店になりますので、ご希望の方はご注意下さい。



ゆるやかな春の日。

皆様のお越しをお待ちしております!