太陽と星空のサーカス 出展終了しました。


昨日太陽と星空のサーカスに出展させていただきました。


IMG_5031.jpg



天気も良く、オープン前からたくさんの人。


出展しているお店は、オーガニックのお野菜や、素材にこだわったフード、親子で楽しめるワークショップなど、

見ているだけでわくわく*


楽しい音楽と、吹きぬける風が一緒になって、気持ち良くお手当することが出来ました。



当日はクラニオの先輩、佐藤友子さん(通称ともちゃん)も

一緒に参加してもらい、とても心強かったです。



IMG_5033.jpg



お手当のようす。



IMG_5036.jpg




今回のイベントでお店の看板を書いてくれたのが、隣に住むシェアメイトの千浦真由美ちゃん。

私は彼女の描く絵がとっても大好きで、忙しいところをお願いしました。



RIMG1042.jpg



裏面もかわいい。



RIMG1062.jpg



この看板が目にとまって立ちどまってくれる人が多かった。



IMG_5053.jpg



真由美ちゃん、ありがとう!



みじかい時間でのお手当だったけれど

みなさん気持ち良かったーっと、ほやっとしたお顔になっていました。

クラニオを知らない方も興味を持って、たくさん体感してもらえて嬉しい!


ほんの少しのことで、からだが変わっていくきっかけになる

そんなことに気づいてもらえると良いなぁ。



今回イベントに誘って下さった小林さん

素敵な名刺を作ってくれた関くん

かわいい看板を作ってくれた真由美ちゃん

お手当をサポートしてくれた友ちゃん

そして来て下さったお客さま、本当にありがとうございました!

スポンサーサイト

満月の日

  • Day:2013.05.25 20:39
  • Cat:日記
今日は満月 ということで

お庭しごとにいそしみました。


今日したかったのは主にハーブの収穫。


IMG_5006.jpg


ハーブ園。

囲いがあったけれど、ハーブたちは太陽のあたるところまで

自分で手をのばし、順調に囲いをはみ出てすくすくと育っています。

植物たちは自分が気持ちよく生きれる場所を探すのが上手。



IMG_5008.jpg



これは私が一人暮らしをしていた時に初めて買った鉢植え、ワイルドストロベリーちゃん。

地植えをして2年目、今年は数えきれないほどのいちごがなりました。

いつも朝起きると、まず一粒いただきます。



IMG_5009.jpg



カモミールも少しずつ花を咲かせています。



IMG_5012.jpg



ひょっこり顔をだすアーティチョーク。



IMG_5013.jpg



かぞえきれないほどのいのちが

いきをしてる

みたされたいのちをいただき

またあすへの糧となる

5月26日(日) イベント出店します


こんばんは。

今日はさわやかな、夏を思わせる日でしたね。



今週末、知人の紹介で

とあるイベントでクラニオブースを出店させていただけることになりました!

(しかも屋号を掲げてのイベント出店は初めてなのです。う、嬉しい。。)


是非お時間が合う方は、遊びにいらして下さい。




*     *     *     *     *     *




【イベント詳細】


太陽と星空のサーカス

http://sunandstars.jp/2013_nakano/


◎日時 5月24〜26日(金〜日曜)
   12時開場 20時終演
   (金曜のみ16時開場 22時終演)

◎場所 中野セントラルパーク(中野駅から徒歩3分ほど)



私はこのうち26日(日)のみの参加です。

ピピ(インディアンのテントのようなもの)のなかにいるので、探して下さい。


会場は魅力的なブースがたーーっくさんあるので

遊びつかれたあとに、ひと休みする場所としてもどうぞ!





都会のまんなかに すっと おりたった 

木かげのなかに

色とりどりのまち

ここはサーカス 3日だけのおまつり

おとなもこどもも みんないっしょに

さあ いこう





皆さんに、ゆったりと、まどろむ時間を準備して


お待ちしてます!


夏未



わたしとクラニオの出会い


*前回のお話の続きです。


何か出来ることがあるはず、もっと根本的に人を癒せることがあるはず、とじたばたしてしばらく経ったある日


お友達に「好きそうだから」いう理由で


クラニオを紹介してもらい、一緒に勉強会に行きました。


そこでは最初に理論を学び、実技を教えてもらうのですが、実技をし終わった時に「これだー!」と思いました。



私がクラニオを好きなところは


*道具は使わず、手だけで相手を癒せること


*揉んだり、擦ったり、圧をかけないので、赤ちゃんやお年寄りまで幅広い方にできること


*寄り添うことでその人の自然治癒力(治る力)を促せること




何より手のあたたかさ、受けた後のぽかぽかした心地がとても気持ちよくて、本当に感動しました。


これなら病気で弱っている患者さんにも出来る


身近な人にもすぐに出来る


そして何より自分がされていて気持ち良い!


たくさんわくわくする気持ちがあふれてきました。



ここから私のクラニオとの日々が始まったのです。

はじめましてのわたしとクラニオセイクラル

こんばんは、夏未です。


初めてこのブログに記事を書くことになり、どきどきしています。


私のことを知らない方もいらっしゃると思うので、少し私のことを紹介させていただこうと思います。


私は看護師をしながら、クラニオセイクラルセラピー(頭蓋仙骨療法)の勉強をしています。


看護師歴4年、クラニオ歴はまだ勉強を始めて1年ちょっとです。


出会ってからの年月は決して長くありませんが、今はクラニオの素晴らしさを多くの方にお伝えしたいという思いから、知り合いの方を中心に施術させていただいています。


私がなぜクラニオをするのか、出会いのきっかけをお伝えします。



*     *     *     *     *




私は看護師として働くなかで、ある疑問を抱いてきました。


「どうしてこんなに病気の人がいるのだろう」


「どうして治療をして良くなっても、また悪くなって戻ってくるのだろう」



私がお世話になっていた病棟は内科の患者さんが多かったので、原因不明で長期にわたる精密検査をしている方、何度も治療のために入退院を繰り返している方、また癌の末期で入院している方など、様々な方にお会いしました。


そこで感じたことは、


お薬や手術だけでは解決できない、その方のこころのあり方、病気にならざるを得ない状況がある場合が多いこと


長期的な入院の場合は特に、入院生活自体のストレスでその人自身の力が小さくなってしまうこと


周りで見守る家族もストレスを感じており、「自分は何もできない」と自分を責めている方が多いこと


度重なる治療で心身ともに傷ついている方が多いこと


でした。


看護師としてお薬や生活の指導、お話を聞いたり相手に寄り添うようにしてきましたが、もっと何か根本的なものを癒す方法があれば、患者さんがもっと元気になるのではないかと考えました。



たぶん私は自分で何とかしたいという思いが強かったのでしょう。

それから色んな療法を調べ、自分で体験してみましたが、なかなかピンと来るものがなく。

自分が本当にしたい!と思えるものになかなか出会えなかったのです。


看護師としての仕事だけでも十分だとは思いましたが、やっぱり自分のなかで何かが足りず、すっきりしない日が続きました。