あたたかな手


FullSizeRender-4.jpg


ここはどこ?
しらないせかい

けどあったかい
しあわせなせかい

いろんなおとがきこえるよ
さわさわ
ぴぴぴ
ぽーんぽん

もうすぐあえるね

なんだろう
わたしにはなしかける
なつかしいおと



こんにちは、あたらしいせかい
ようこそ、あたらしいせかい

まぶしい
ひやひや
こわいよう

あ、でもかんじたことのある
なつかしいひびき
これはなんだろう、これはなんだろう?
どきどきするな
わくわくするな

がやがや
ざわざわ
ぽーんぽん

うまれてきてくれて ありがとう



*     *     *     *


おかあさんのては
ふしぎなて

おともだちにいじめられてかなしいとき
でんぐりかえしがせいこうしてうれしいとき

いつもすぐそばにある


とげとげしたこころも
おかあさんのてにふれると
まあるくなる

それはまどべでひなたぼっこしてるみたいに
かいいぬのちろによりかかっているときみたいに


おかあさんのてはまるでおひさま

たいようがわらうみたいに
おかあさんがわらっているとぼくもわらう

でもたまにあめのひもあるね
そんなときはあまやどり
すこしきゅうけい


おかあさんのてはまほうのて

すべてをつつみこむ
あったかい て

きょうもねるまえにふれてもらう

おやすみなさい
きょうもいちにちありがとう




おひさまとそらと

きょういっしょにあそんだちろと はらっぱがみえる


あったかいね
きもちいいね


あたたかな て





将来こういうの、絵本にしたい!!
もしくは紙芝居でも可!

スポンサーサイト

Happy Xmas (War is over) song by John Lennon


FH000003.jpg


So this is Xmas.
And what have we done?
Another year over
And a new one just begun
And so happy Xmas
We hope you have fun
The near and dear one
And the old and young

A very merry Xmas
And a happy new year
Let's hope it's good one
WIthout any fear

War is over!
If you want it.
War is over!
Now!


クリスマスがやってきたね
私達はこの1年何をやってきたのだろう
1年が終わり
また新しい年が始まる
今日のこのクリスマスという日
幸せであることを願っているよ
近しい人も大切な人も
お年寄りも若い人もみんな

メリークリスマス
そして新しい年よ、おめでとう!
どんなことにも恐れず
良い1年であることを願おう

戦争はもう終わり
君が望むのなら
戦争は終わるんだ
今!



今日はクリスマス。
みなさまどんな日を過ごされたのでしょうか。
私はお仕事もあり、全くいつもと変わらない日常。

でもそんな時に必ず聴く曲がある。
それがこのジョンレノンさんのHappy Xmas。
この曲にはご存知の通り副題があって"War is over"とある。

私は最初この曲に出会った時、単なるクリスマスを祝う曲じゃないことは、肌で感じた。
まだ中学校の頃だったかなぁ。。

それがこうやって改めて歌詞を見直してみると
本当に平和を願った歌だと言うことがわかる。

戦争という言葉を含みながらも、歌っている人達はとても幸せそう。
そう、幸せは自分から拡げていくしかない。
そんなことも教えられている気がする。

どんなクリスマスを過ごすにしろ
世界の人が1秒でも良いから
誰も泣くことがない
笑顔のある瞬間が迎えられたら
きっと地球も喜ぶだろうな。



私は来年から、今よりももっと
一人でも多くの人が笑顔になる
一人でも泣く人が少なくなるよう
自分の生活を心がけていこうと思う。

私は先進国と言われるこの国で、何不自由なく暮らしている。
けれど、日本でも世界でも、
搾取の対象となり、苦しい生活を余儀なくされている人もいる。
私たちの生活だって、本当に針の上に立つような、本当に不安定な生活だけれど
それでもこうやって自由に色んなことを選択する権利を持ち得ている。

私は自分がお金を払い、発信していくものに対して
もっと責任を持っていきたい。
それは自分がわかる範囲で物事を完結させること。
少しでも顔の見えるお付き合いをすること。


一人でも多くの人が笑顔になる世界を願って。


Everyday, world is born.


FH000034.jpg


あたらしい日のはじまり

まいにちが

ここからうまれる




朔旦冬至も過ぎ、これから日に日に太陽のお顔をみる時間が長くなりますね。

太陽が空から地に帰っていく時間が早いと

どうしてもそこにリンクしてるのか

ああ早くお家に帰りたいなぁ とか

今日はゆっくりお風呂に入りたいなぁ とか

気持ちが内へ内へと向かうことが多い気がします。


まだしばらく冬の寒さが続くから

この流れはあまり変わらないだろうけど

地球は確実にまた新しい季節に向けて動き出してる。

きっと土のなかや空気のなかにも

たくさんの命のつぶが

新しい季節を待っているのだろうなぁ。

もちろん私のからだも。



全てのものが

あっという間に過ぎていく。

けど、色々なことが

スローモーションで

私の中に

残像として残っている。

瞬きをしている間にも

確実に記憶と言う媒体のなかに

何かをやき付けて

日々生きている。

それは涙が出そうなくらい

奇跡的なことで

幸せなこと。



よろこび


FH030014.jpg


たのしいなぁ

かなしいなぁ

はらがたつなぁ

こわいなぁ

きもちいいなぁ


おこっているなぁ

わらっているなぁ

ないているなぁ


これが

いきているってことだなぁ

またたき



FH030001.jpg




いのち果てても

なお

生きつづけるもの