月星座の調べ方

こちらの記事では月星座の調べ方をご紹介します。

まずこちらのサイトにアクセスして下さい。

→さくっとホロスコープ
http://nut.sakura.ne.jp/wheel/horo.html


アクセスして頂くと、こう言う画面が出てきます。

20170613125132255.jpg


こちらに生年月日、生まれた場所、できれば出生時間を入れていきます。

20170613125131b40.jpg


出生時間がわからない場合は、『時刻不明』を選びます。

20170613125127ce8.jpg


生まれた場所は、こちらをクリックすると選べます。

201706131251290c2.jpg


入力できたら、『チャート作成』をクリックします。

20170613125126b07.jpg

出てきたホロスコープの🌙のマークが入っている星座がご自身の月星座です。


【星座記号一覧表】

牡羊座:♈︎
牡牛座:♉︎
双子座:♊︎
蟹座:♋︎
獅子座:♌︎
乙女座:♍︎
天秤座:♎︎
蠍座:♏︎
射手座:♐︎
山羊座:♑︎
水瓶座:♒︎
魚座:♓︎




ご自身の月星座が分かりましたら、こちらの記事から特徴をお読み下さい!


12星座別 月星座の特徴

牡羊座

スポンサーサイト

【月星座から自分を読み解く】


2016092621014337a.jpeg


最近月星座に関するお問い合わせを頂くことが増え

ご希望の方にはアロマ占星術のセッションをさせて頂いています。


なぜ私はこういう性格なのだろう?

いつもうまくいかないのはなぜ?

もっと自分らしく生きるには?

これらの質問に、ぱしっと的確に答えてくれるのです。


月星座に現れるのは、自分の無意識の反応や感情です。

自分の好き嫌い、に関わらず

無意識に繰り返してしまう感情の癖を教えてくれます。

ですので、月星座を読み解いていくと

今までの自分の葛藤の根っこに気づいたり

とにかく、腑に落ちて納得できることが多いです。


昨日いらしたお客様も、ご自身の考え方の癖に気づいた上で

どうしていくかを一緒に考え、お伝えしました。

『考えすぎなくて良いのですね』と、安心されたご様子でした。


月星座を読み解くことは、自分の心の在り方を知ることができることです。

自分のことをもっと知りたい方

より自分らしく生きたい方におすすめです!

ご興味のあるお客様は、セラピーメニューの「アロマリーディングコース」にてアロマ占星術を行なっています。

ご希望の方はお問い合わせ下さいね。


*

○ただいま募集中のセッション、ワークショップ○

☆自宅サロンのセッション日程

5月のセッション日程 満席

6月のセッション日程 こちら

* +

クラニオセイクラル & アロマ占星術
てあてや cokiu

*

【月星座と太陽星座の組み合わせで知る、新しい私 : その①】


20160908074140254.jpeg

前回は太陽星座(オモテ)と月星座(ウラ)の関係性についてお話しました。

前回記事はこちら

どれが私?どれも私ー太陽星座と月星座の関係


*

今回は、組み合わせによってどんな「私」が出て来るかを、お伝えしていこうと思います。

組み合わせは全部で144種類ありますが

今回は144種類全てをお話することはできないので

12星座を4つの性質に分類したものを組み合わせた、16パターンの性質についてお話します。


12星座はその性質によって、4種類に分けられます。


まず牡羊座、獅子座、射手座のグループ。

こちらは「火」の星座と言われます。

火の星座の人は、情熱的で、意志がはっきりしています。

火のイメージ通り、高揚しやすく、精神性を大切にする人。


次に牡牛座、乙女座、山羊座のグループ。

こちらは「土」の星座と言われます。

土の星座の人は、現実的で、物事を組み立てるのが上手な人。

からだの感覚が敏感。何事も、まとめ、固めるのが得意。


3番目は双子座、天秤座、水瓶座のグループ。

こちらは「風」の星座と言われます。

風が色んなものを広げていくように、情報を広げ、思考する能力が高い。

客観的で、論理性がある。感情の起伏は少なく、冷静な方。


最後が蟹座、蠍座、魚座のグループ。

こちらは「水」の星座と言われます。

水が何でも溶かし混ぜてしまうように、水の星座の人は人に共感する能力が高く

感情の表現が豊かです。情にもろく、人との繋がりを大切にします。


もし自分の太陽星座と月星座がお分かりの方は、どのグループに分類されるのかを見てみて下さい*


次回は、太陽星座と月星座の組み合わせによって、どんな性質が出るかをお伝えしていきますね!

*

9/10(土)自分のオモテとウラの顔を知るー太陽星座と月星座のアロマミスト作りWSは

残席が4席ございます。

自分自身を深める旅に、是非いらして下さいね*

詳細はこちら

*

【どれが本当の私?どれも私ー太陽星座と月星座の関係】


2016090622113225a.jpeg

前回は月星座の大切さと、そのケアについて、シリーズでお伝えしました。

*+

前回記事はこちら

①自分を大切にするための「月星座」とは?

②なぜ月星座を知ることが大切なのか?

③精油を使って自分の「星座」の力を引き出す


*+

今日からは、月星座と太陽星座の関係性についてお話してきます。

ここでちょっとおさらい。


*普段私たちが「占い」と呼んで使っている星座は「太陽星座」と呼ばれ

それは自分の性質のほんの一部しか表さない

*プライベートな自分の性質を知るためには、太陽星座より、月星座が参考になる

月星座を知ることは、素の自分を知り、エネルギーを補充するのに大切である


↓ つまり。。↓

月星座:プライベートな自分、感情、無意識の状態の自分、習慣、安らぎ方

太陽星座:社会的な自分、人生を発展させるスタイル、目的意識


昼と夜があるように、私たちにも、昼と夜の顔があります。

太陽星座が「昼=陽(オモテ)」の私。

月星座が「夜=陰(ウラ)」の私。

月星座の性質を生かすことで自分を癒し

太陽星座の性質でより社会で自分というものを作っていきます。


月星座だけでも、社会の中で生きにくいし

太陽星座だけでも、自分の根っこが枯渇してしまう。

だからどちらの性質も知り、生かしていくことが

気持ちよく日々を送る上でのヒントになるのです。

この表と裏の組み合わせは

太陽星座12種類、月星座12種類で、全部で144種類あり、それぞれに個性が出てきます。

この組み合わせは、自分の生年月日と、生まれた時間があれば誰でも簡単に割り出すことができます。


次回は、太陽星座と月星座の組み合わせで、どう言った性質が表れてくるのかを紹介していきますね!


9/10(土)自分のオモテとウラの顔を知るー太陽星座と月星座のアロマミスト作りWSは
残席が5席ございます。

自分を深めたい方に、「私」を知る旅に出かけましょう*

詳細はこちら

*+

なぜ月星座を知ることが大切なのか?


201608011902576e1.jpeg


前回の話に引き続き、月のお話です。

今回はなぜ月星座が大切なのか?というお話をしていきます。


前回の記事に、月星座はプライベートな自分の性質を表す、ということをお伝えしました。

月はプライベートな自分ーということは

無意識に取る行動の傾向や、自分の安心感の源、昔から積み重ねてきた行動などがわかります。

つまり、どんな仮面も被っていない、ありのままの自分ということです。


私たちはありのままでいられた時、エネルギーチャージができます。

ですので、疲れた時、心細い時、月星座の性質に合った暮らし方を意識すると良いのです。


月は、植物で言うと根っこの部分に相当すると言えるでしょう。

太陽と言う花を咲かせるためにも、月を意識することはとても重要なのです。


特に女性は月と密接な関わりがあります。

例えば、生理が平均して28日周期なのは、月の満ち欠けと同じですね。

この様に、月と女性のからだはリンクしている所があります。

女性は特に、この月星座の性質を知り

自分のエネルギーチャージがどういう事でできるのかを、知っておくと良いのです。



次回は、月星座のエネルギーチャージを手軽にする方法として、アロマを使った方法をお伝えします。


*

◯月星座のアロマミスト作りWS◯

8/7(日)の会は満席ですが、9月初旬に第2回を開催予定です。

詳細は追ってお知らせします!