そして下着探しはまだまだ続く

  • Day:2016.02.25 12:00
  • Cat:もの
IMG_5610.jpg


以前もご紹介したシルクランジェリーPuntoeさんの下着たち。

先日新しいものを購入しました。


今回はフレアショーツに、ブラキャミソール。




puntoeさんのショーツは3種類あります。

その中でも、股の締め付けが全くないけど

腰の部分はゴムが入っていて脱ぎ着のしやすいフレアショーツにしてみました。

股のところはフレアになっているので、履いたときにひらんとなって可愛いですし

本当に股関節周りがとっても楽です*


私は一時期、ふんどしや”空気パンツ”なるものも試していましたが

こう言う下着に慣れると、本当に今まで下着で股関節をしめつけていたのがよくわかります。

(久しぶりに普通の下着を履くと、私の場合立ったり座ったりするときの違和感が起こります)

そして、その部分のストレスがない解放感たら

これは経験した人にしかわからない心地よさがあると思います。


puntoeさんの下着は見た目も本当に可愛いし

着けているときの”ときめき感”(笑)がたくさんあります。

どなたにでもおすすめできる、なかなか貴重な下着やさんです。


京都の方にアトリエがあるそうなので、いつか行ってみたいなぁ。。





ちなみに、次に氣になっている所はskin wareさんの下着です。

こちらは全ての製品がオーガニックコットンで作られていて、尚かつとてもおしゃれ。

今度も購入した際にはレポートします*



■最新セッション予定は施術日のお知らせをご覧下さい。

■instagramはじめました

アカウント:cokiu0501
日常のことはこちらでつぶやいていることが多いです。
ご興味のある方はどうぞのぞいて下さい!

スポンサーサイト

心地の良い下着を求めて その②

  • Day:2015.09.04 10:55
  • Cat:もの

IMG_3305.jpg


以前ご好評をいただいていた心地の良い下着を求めての記事、第2弾です。


今回ご紹介させていただくのはPuntoeさんのシルクの下着です。

今まで締め付けない下着をキーワードに色々と探して試してみましたが、最近の私のニーズが

女性らしさを感じられるものが欲しい!でした。


その経緯に至ったエピソートが二つ。

最近伊勢丹の下着売り場を見に行ったら、細やかなレースをあしらったものやデザインが凝っているもの
色々あって、見ていてとても楽しかったのです。

正直、『こういうデザインでもっと素材の良いものがあれば良いのになぁ。。』という気持ちが芽生えていました。

オーガニックコットン、締め付けないとなると、とかく生成りやホワイトのものが多く、

それも大好きなのですが、さすがに少し飽きてきまして。。


あと、もう一つの経緯にパートナーの言葉がありました。

『からだのことを考えて色々するのは良いけど、あんまり色気ないよ、それ。。』

と、(少し控えめに)言われてしまったのです。

もちろん何が良いかなんて価値観は人それぞれだし

男性からみた色気なんて、どこかのメディアから引っ張ってきたものでしょ!なんて思いつつ

私も心のどこかで『やっぱそうだよね〜。』と思っている自分がいたのです。



さて、前置きが長くなりましたが

そこで、購入したのがPuntoeさんの下着。

この中でも、一番心地良いと言われるstringショーツを購入しました。

(実は私よりも早く、Puntoeさんの下着を購入した友人からゴムが入っているシリーズは

ウエスト部分が小さめだったと聞いていたので。。)


まず見た目がとっても可愛い!です。

こんな色気のある感じ。。今まで着たことないがな〜。。と少し気恥ずかしくなる位。

つけてみるととても軽く、空気のようでした。

紐もゆるむことなく、トイレなどの際もそのまま下ろせます。(少し結ぶ直したりはしますが)

あと、股のところにフリルがあしらわれているのですが、これがちょうど鼠蹊部にフィットして上品に見せてくれます。


とても着けていてもわくわくする下着。

これはまた購入したいなぁ◎


そう言えば、前回ご紹介したqillin under wearさんのものも、着け始めてもうすぐ1年になるのですが

鼠蹊部の皮膚が黒ずんでいたものも、いつの間にかなくなりました。

やっぱり締め付けないと、皮膚の色素沈着もなくなるのでしょうね!



そして、下着を見ていたら『もしかして、自分でも作れるかも。。』という思いも出てきました。

今、別のサイトで型紙を取り寄せているので、時間があるときに作ってみよう、と思っています*


tamaki niimeさんのストール

  • Day:2015.07.16 11:05
  • Cat:もの
IMG_2246.jpg


水無月の新月を迎えました。

今日は台風も重なって、何やら少し不安定な雰囲気。

でも、雨風は良くも悪くも古いものを洗い流してくれるのだろうと思います。



今日ご紹介するのは、私がお気に入りのtamaki niimeさんのストールです。

このストールはデザイナーの玉木さんが一つ一つ織り機を使って制作しているものです。

歴史のある織り機でていねいに作られたストールは

糸がやわらかく、ふわっと空気を含むので、あたたかく、心地が良いです。

このストールのもう一つの特徴は、一つとして同じ物がないこと。

色の組み合わせも、構成も全部違うから、自分だけのお気に入りが見つけられる。



ストールは繊細なので扱いには氣をつけていますが、丸めると意外とコンパクトになるので

丸めてぽんっとかばんに入れて持ち歩くことが多いです。

都内で交通機関を利用しようと思うと、この時期冷房が効きすぎているのはよくあること。

特に首元は冷やすと自律神経のバランスを崩しやすいので

しっかり保護してあげます。

からだのほっとし加減が違います。



niimeさんは各地色んな場所で展示会があるので

ご興味がある方は是非チェックしてみて下さい♡



○セッション情報○

7月の自宅サロンプライベートセッションはおかげさまで、満席になりました!
8月のセッション予定は今週の末頃発表の予定です。

7/18(土) 24(金) 25(土)はin-kyoさんでのプチセッションです。
詳しくはこちら

心地の良い下着を求めて

  • Day:2015.06.14 13:50
  • Cat:もの

IMG_1519.jpg



今日来ていただいたお客さまに、お伝えしたら喜んでいただいたことをシェアします♪



お客様との会話で出た、下着(ぱんつ)どんなの履いている?ってお話。


皆さんはどんな下着を使われていますか?

それは心地の良いものですか?


私は冷えとりを初めてから、身につけるものは心地の良いものにしたいと思い

それはそれは色々と探し求めてきました。

からだが正直になってくると、締め付けにも敏感になってくるんですよね。。



ふんどしは締め付けはないけれど、扱いに慣れず、結局着けなくなり。

くうきぱんつや、ふんどしぱんつも、色々と調べはするけど、いまいち氣にいるものがありませんでした。


そんな血眼になってた(笑)所に見つけたのが

写真にも載せた

qilin-under wear』さんのもの。

つけ心地はもちろん、見た目がとっても可愛いです◎


私がqilinさんの下着でお氣に入りなのは

*リバティプリントの生地を使っていて、自分好みの柄を探すのが楽しいこと

*クロッチ部分がヘンプシルクやリネンを使っていて、触れ心地が良いこと

*お洗濯をしてもなかなか形が崩れないこと(リネン生地が多く、布自体が丈夫)


ここの下着を着けるようになって、いかにそけい部を締め付けていたかがわかりました。

最初は少しすーすーする感じがあるんですが、本当にらくちんです。



ちなみに、締め付けない下着の効果としては、次のようなことが言われています。

*今まで圧迫されていた所が解放され、下肢の血流が良くなり、冷えやコリ、むくみなどの軽減にも繋がる。

*締め付けは少なからず、からだの緊張状態を生み出すもと。

ストレスが軽減し、自律神経の乱れの改善や内臓機能の向上に繋がる。


。。要はからだにかけるストレスを少なくすることで、からだが勝手に元気を取り戻してくれる、というわけです。



からだが楽になると、こころも自然と余裕が出てくるものです。

自分にとって優しい選択をすることで、周りにも優しさの連鎖ができると良いですね*



下肢が冷える、イライラすることが多い方。

婦人科系のお悩みをお持ちの方。

などなど。。

下着を心地の良いものに変えてみられるのも、おすすめです。

サロンで使う「触れるもの」その①

  • Day:2015.05.06 22:41
  • Cat:もの

IMG_0627.jpg


これから少しずつ、サロンで使うものたちを紹介していこうと思います。

私のサロンで大切にしたいこと

「五感で感じる心地よさを追求する」


今日はその中の「触れる」ことのご紹介です。


セッションを受けるときは、出来るだけしめつけのない服を着ていただくことをおすすめします。

いつもだったら感じにくい下着やお洋服の締め付け感も

セッションを受けて、自分自身のからだに敏感になってくると

ちょっとしたことも感じるようになってきます。


自分のからだは今暑いと感じているのか、寒いと感じているのか

布の触り心地、感触

それ以上の何か



てあてや cokiuでは、そんなときにこそ触れる気持ち良さを実感して貰えるように

専用のウェアをご用意しております。


これはえみおわすという、岡山でご夫婦2人で作られているお洋服です。

私はここのお洋服が本当に大好きで、いつも展示会を心待ちにしています。

形がきれいなだけでなく、着心地がとても良いのです。

そして、一つのお洋服に数えきれないほどの作っている方々の思いが入っていて

そのエピソードを聞くのが、またとても楽しい。


この上衣は

生地がオーガニックコットンで

少し起毛しているので、ほわっとやわらか。

羽のように軽く、まるで着ていないような感じです。

普段着としても申し分ないですが、あまりに気持ちが良いので

これをウェアにしたらどんなに素敵だろうと思い、ご用意しました。



やさしい心地良さを、是非体感されて下さいね。