サロンで大切にしていること


2016052715550198b.jpeg

ここは

日常を少し離れた

『隙間』や『余白』の

役割をしている、と思っている。


静かな、穏やかな時間。

ある人はくつろぎ

ある人はからだをメンテナンスし

ある人は自分を見つめ

ある人は安心しに来る。

いかように使って頂いても良いのだが

どんな時でも

その人がその人らしくあれるような

場所でありたいと思う。


ほんとの自分を知る場所、とか

自分らしさを引き出せる場所、でもあるかな。


基本は『リラックスできる』ところです。

人は芯からリラックスできた時

本来の力を発揮できます。


ただ脱力するのではない

『ほんとのリラックス』を

体験しにきて下さい*


⚫︎ただ今6月のご予約受付中です⚫︎

詳細はこちら

*+
スポンサーサイト

当サロンで大切にしていること/クラニオセイクラルとは?


クラニオ施術風景写真


当サロンで大切にしていること

その人らしい輝きを見いだし、それを最大限発揮できるよう、からだとこころを整えます

当サロンはお越し下さった方が、自分にとっての”心地の良いからだ”を知ることが出来るように、

からだの流れを妨げている緊張をゆるめることで、本来の心地良い状態にしていきます。


その人によっての”心地良さ”は千差万別です。

一方的に正しいと思って整えても、それは一時的に効果はあるものの、ほとんど意味のないことなのです。

そもそも、からだの不調がなぜ起こるかと言うと

からだが何らかの問題(からだやこころのあり方、生活習慣ストレス)に対して

バランスを取ろうとした結果であるので

それを無理に取ってしまっても、かえってバランスを崩すことさえあります。


では、具体的にどうするかと言うと

まずからだにあるその人の流れを感じ取り、心地良いと思う方向へ整えると、余分な緊張が取れます。

緊張の取れたからだは、全身のバランスが整い、働きがスムーズになります。

次に、心地良いこころとからだを継続していくための”意識”の作り方をお伝えしていきます。


これは私が経験してきた中で学んだ、人間をホリスティックにとらえる観点からお伝えします。

これらの結果、からだそのものの力が高まり

症状の改善だけでなく、不調が起こっても治りやすい

自然治癒力の高いからだになりうるのです。


このために行うセッションがクラニオセイクラルセラピーです。


072.jpg


クラニオセイクラルセラピーとは

やさしいタッチでおからだに触れることで、脳脊髄液の流れを整え、からだの自然治癒力を促す療法です。

1970年代にアメリカのジョン E アプレジャー医師が体系化し、広まりました。

押したり、引いたり、物理的におからだに刺激を加えることはありません。

そっとおからだに手をあてる時間は想像以上に心地がよく、あたたかな安心感があります。

クラニオを受けている時間は瞑想状態と同じ脳波が出ているとも言われ、

静かで、深い時間を過ごすことが出来ます。

さらに詳しい解説を知りたい方は

はじめてクラニオを受ける方へをご覧下さい。



最後に、、なぜ、健康であることが難しい世の中なのか?

世の中に数多ある健康法の数々、健康診断が普及し、誰でも医療行為が受けられるにも関わらず

こんなにも不調を訴える人が多いのはなぜでしょうか?


私は大学病院で4年間働いた中で、何度も入退院を繰り返す患者さんを見て

ただ病気を治療するだけでは足りないのだと痛感しました。


自分なりに紆余曲折し、学び、たどりついた結論は

万人に当てはまる健康法などなく、自分に合った方法を知ることが大切であり

それを知るためには、まず自分自身のからだを知ることが必要である、ということ。

つまり、自分が自分の良き理解者になる、と言うことです。


今まで私たちは『社会で上手く生きる方法』を教えられて生きてきました。

けれど『自分自身と上手く生きる方法』は教えられてきませんでした。

世の中での”正しさ”を重視するあまり、自分とうまく付き合えないことが

今たくさんある不調の原因の一つではないか
と私は感じます。


私は一人でも多くの人に”自分の取り扱い”を知っていただき、心地の良いからだを知って欲しいと思っています。

何も難しいことはありません。専門的な知識も必要ありません。

ただ、あなたが自分のからだを自分で”意識”することができれば、からだは大きく変わります

その意識の仕方、捉え方を一緒に学んでいきましょう。

クラニオ:新しい自分に出会う旅


IMG_2914.jpg


ひさしぶりにクラニオについてのことを。


セッションを終えたあと、よくある出来事。

それは、自分のお気持ちをぽつり ぽつりとお話して下さること。

それはきっと普段なかなか出すことのない

宝物のような言葉。


言葉でなくて、涙やそれに伴う感情で出ることもあります。

クライアントさん自身も、自分で自分の言っていることに驚かれることがしばしばです。


私はこの時間が大好きです。


「話す」ことは「離す」と同じような意味があると思っています。

ある出来事、そこに対する思いを

意外と誰かに話すことなく、飲み込んでしまう事はありませんか。

それが自分で消化できれば一番なのだけど

特に昔傷ついた経験や、封印すると決めた思いはなかなか外に出てきづらい。

そしてそれは時間が経てば経つほど、膨らんで、自分でも得体のしれないものになっていく。


だから話せた、外に出せたってことは特に”溜め込む”タイプの方には大きいことだと思っています。

どんなにつじつまが合っていなくても、何かを表現するのはとても大切です。

それは辛かった思い、楽しい思いと様々ですが

どんな内容であっても、それはあまり関係なく

この場で表現出来たと言うことが大切なのだと思います。


私はクライアントさんが内に大切にしまっていたものを

表に出す瞬間に立ち会えるのが本当に幸せで

愛おしい以外の何者でもない。

そのキラキラした何かに出会えるのも、セッションの醍醐味だと思っています。

みーんな、みんな愛おしい光を持った存在なのだと。


ですので、クラニオで起こる反応

それは身体的なこと。。お腹がなったり、くしゃみや咳が出たり、涙、おならが出たり

気持ち的なこと。。嫌だな、気持ち悪い、好きだな、気持ち良いな などなど

全ての出てくるものひっくるめて

遠慮なく出していただきたいのです。


クラニオは新しい自分に出会える、ある種の旅なのです。

どうぞ、その不思議で心地よい世界を、味わっていただきたいなぁと思います。



●最新セッション情報●

*祐天寺 自宅サロンプライベートセッション

8月のご予約、受付中です!
残席残りわずかとなっております。

9月の予定は近日中に発表予定です。

*蔵前 inkyo 出張プチセッション

8月は21(金) 22(土)です。

詳しくは8月のセッション予定をご覧下さい。

Everyday is birthday

FullSizeRender-9_2015070923042404e.jpg


知人の紹介で、入院中の方のお手当てに行った。

今も治療中で、点滴もしている。

話を伺うと、からだに負担のかかる、大きな治療を受けた後だと言う。

そうとは感じさせないほど、どこか凛とした中にある柔らかさは

この人本来のお姿だろう。

やさしそうな、面持ちの方。


「よろしくお願いします」

おからだも辛いだろうに、初対面の私に氣を使って下さる姿に

自分の未熟さを感じつつ

からだを任せていただいている現実に

なんだか不思議な気持ちを感じながらセッションを行った。


元々静かな病室が

また一段と静寂に沈む。

それは例えるならば、母親のお腹のような感覚だろうか。

場が出来ると、人は安心してそこに身を預けられる。

それは技術うんぬんの話ではなく。

何とも説明しがたいのだけど。


寝息が聞こえる。

表情も少しやわらかくなった。


私はお手あてをしているとき

人のからだに触れている、という意識が薄れる。

ここが病室と言うのも忘れて

ただ川を一緒に下るような気持ちで時間を過ごす。


流れにのる

流れの滞る場所は、ちょっと留まる

そしてまた次の場所へと。

一緒にからだという川を下るような気持ち。


最後は、柔らかい空気のようなものに包まれた感覚を感じながら、セッションを終える。


「頭が軽くなったような気がします」

少しぽうっとした様子で仰る。

「それは、良かったです」

と、私も返す。

おからだも辛いだろうと思い、あまり時間をかけずに病室を後にする。


どうだっただろう。

クライアントさんは、何を感じてくれただろう。

きっと、これは後になってみてから、わかることもたくさんありそう。


そして、帰り道。

ふと思った。

クラニオって、お母さんのお腹にいるときの再現のようだ、と。

(私が胎内記憶があるわけではないけれど)

だから安心するし、不思議な満たされ感があるな、と。

感じていくのも、脳脊髄液だしね。。

生命の根本のリズムを整えていくことで、本来の自分のリズムを思い出す。

お母さんのお腹の中にいるときのように。


本来人は、毎日生まれ変わっているもの。

それは皮膚の細胞が垢になって落ちたり、排泄からもわかること。

人の細胞は半年でほとんどが入れ替わるとも言われている。


だから、人は本来変われる力を持っているのだ。

それは例え、どんな病気を持っていたとしても。


"Everyday is birthday"

毎日が生まれ変わりの繰り返し。


その生まれ変わりを、少しでもサポート出来たら嬉しいな。

セッションの流れ

こちらのページでは実際のセッションの流れをご説明します。

少しでもご安心いただいて、セッションを受けていただくための手引きとして作りました*


*         *          *          *

009_20150622203433e40.jpg

まずご来店いだたいたら、カルテを書いていただきます。

今日2人で共有していきたい事柄のイメージを膨らませていきます。

015.jpg

このときに今回ご来店いただいたお気持ちや、お悩みなどを聴き

ご自身にとって必要な施術の流れやこころとからだの関係をひも解いていきます。

022.jpg

カウンセリングが一段落したら、お着替えをしていただき、

90分コースの方は足湯をしていただきます。


030.jpg

からだがあたたまってきた所で、ベッドに横になっていただき、クラニオを開始します。

基本的には仰向けの状態でセッションを行っていきますが

体勢を変えたり、手足を動かしても構いませんので

その都度セラピストとやりとりしながら行いましょう。

037.jpg

大体は足から施術に入ることが多いです。

自律神経の働きのバランスが取れるように、おからだを整えていきます。

049.jpg

基本的には足、腰、胸、首から上、と手を触れていきます。

おからだのより敏感な所は後で触れていった方が、お客様のご負担が少ないと考えるためです。

触られるのが苦手な場所は、遠慮なくおっしゃって下さい。

048.jpg

しばらくすると、すやすや。。と寝息が聞こえたり

ごろごろとお腹が鳴ったり。。

色んなおからだの反応が見られることもあります。

からだから出るものは我慢しない方が良いと考えます。

遠慮なくお出し下さいね。

066.jpg

頭はおからだの中でも一番セッションの影響がダイレクトに響く部位なので

よりていねいに触れていきます。


075.jpg

セッションが終わったらお声をかけさせていただきます。

余韻を味わっていきます。

080.jpg

セッション後はあたたかい飲み物をご用意します。

その時期に合わせたお飲物でいくつか種類がございます。

お好きなものをお選び下さい。

089.jpg

お飲物を飲みながら、セッション中に感じたことをシェアし合います。

色んな発見があって、楽しいですよ〜

001.jpg

ありがとうございました!

またいつでもお待ちしてます♡


all photo by Yukie Matsuo
model by Megumi Masuda

Thank you so much !